ネットの古本市場に犯罪がないか

私は専門書をネット上で購入することが多い。

近所の小さな本屋では置いていないし、新品で買うと高価だからだ。

ネット上では数千円以上の専門書が数百円で売っていることがあるし、無職の浪人生で、教材にかかる費用を抑えたい身としてはとてもありがたい。

しかし、先日専門書を買うと、明らかに大学図書館から盗んで売り物にしたものが流れてきた。

盗品だと気付いた時にはもうお金を払ってしまったので、今はしっかり私の本棚に収まっている。

書き込みもたくさんしてしまった。

図書館の専門書の盗難でお金を稼いでいる人がいることは確かなようだ。

先日地元の図書館の自習室で勉強していると、図書館の職員のこんな会話が聞こえてきた。

図書館から本が無くなりやすい。

無くなった本がネットで流されている、とのこと。

この会話を聞いてしばらくして、私もまさか盗品を買うとは思わなかった。

買った専門書を見ると今もすこし心が痛い。

こうしたことは生活の手段として行っている人が多いのだろうが、犯罪は犯罪だ。

なんとか防ぐ手段はないのだろうか。